スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴム長

昔と云っても 50年程 前迄は 雪の日 雨の日 はゴム長が当たり前であった。
更に 昔は ゴム長は 貴重品であった。これで財をなした人もいた。

そのゴム長も いつの間にか なぜか 履かなくなった。
所謂 ダサイ 履き物になっていた。

本日 豪雨の中 仙臺城本丸で ガイド仲間の勉強会があった。
参加者に数人 ゴム長を履いた人がいた。高齢者故 社会的に抵抗が無いからかな と見ましたが
城下に下りましたら 妙齢のご婦人が ゴム長で闊歩していました。

形態は 細身になっています。色もイロイロです。
新しいファションとして 機能性が見直されたのでしょうか。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

 愛媛県では<長靴>と言い、小生は今でも重宝しています。
 畑に行って作業をする時、また急な雨などの時にはバイクや車に積んでいますので何時でも利用出来るのです。
 雪国(東北)であれ、南国(愛媛)であれ、使い方は同じですよ!(桜54)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。