スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇和島の人

朝刊 読者の欄に、「宇和島は政宗公の長子秀宗公の開いた町、人々に政宗公の優しい血は今も生きています。我が先祖は仙台藩士」との書簡と共に 米・味噌・水が贈られた。宇和島の人々ありがとう」とありました。
投稿者は 「宇和島の人は振る舞いが全て優しく丁寧である」と添えています。

シオカラトンボも同様の体験をしました。被災直後からメール・電話での安否確認に、必要な物資はないか 素直に云ってくれ のお声と 運輸が回復すると同時に 宇和島名産品の数々 激励の色紙を頂きました。色紙は家寶として伝えるつもりです。
宇和島の人々の人情は、日本古来の日本人の魂の表れです。
投稿はしませんが 投稿者と同じく 宇和島の人々に感謝しています。

宇和島市長は 仙台のフリーペイパーに 姉妹都市としての交流は 行政同士ではなく 市民の間の交流が活発になっていると投稿されていました。
全く その通りと 思います。

仙台市南部で 郷土を愛して歴史の親しんでいる人々が 3月15日宇和島を訪問する予定で、資料と意見を求められアドバスしました。しかし 11日の被災で 秋に延期になりました。宇和島市役所・伊達博物館・伊達家事務所等をご紹介しますと 話したところです。この人々も 訪れ 日本人古来の人情を味わい 感激して 帰ってくるだろう と予測しています。
郷土を愛する歴史の会 の皆様が 訪宇の節は よろしくお願いします。 
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

 このところ仙台様のブログには<宇和島>のことがよく書かれて、のどぼとけがかゆくなるくらい、あちこちこすりながら拝読しています。
 伊達公の縁で仙台とは切っても切れない縁が出来、また仙台様(M氏)の宇和島来訪によりなお一層の繋がりが出来ました。
 間もなく(6月上旬)には桜環境管理を行いますが、その時にはブログにて報告いたします。まずはブログでのお披露目ありがとうございました。(桜54)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。