スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信念 

シオカラトンボ邑で昨晩 邑祭りがありました。
各町内会 と 同じ内容です。
昼 子供ミコシ 御輿ではありません 神様が乗っていません。
邑の鎮守様の お祭りではなく 単に住民の融和が目的です。ですから 神様が不在です。それでいいのか と思いますが。

夜は 出店と盆踊りと舞台です。昨晩の目玉は 東北福祉大学チヤガールの演舞でした。

最後が 大抽選会です。
シオカラトンボは 警備担当で 会場をウロウロしている役です。同役が リックサックを背負ってきました。
警備開始前に宣言しました。「本日 景品を 絶対 貰って帰る だからのリックサック」 ヘヘーと思いました。

抽選会は 最後になるほど 高価商品になります。当たる確率 600分の1です。
宣言した同役 2等当たりました。シオカラトンボは 最後の最後を期待しましたが 当たりませんでした。信念の差でしょうか。
スポンサーサイト

宇和島城から花火

宇和島市観光協会のメルマガによれば 今年の牛鬼祭り の花火が 宇和島城本丸から楽しめたと 報じています。
天守台 又は 天守閣 から花火を楽しんだのであれば 正に殿様気分であったでしょう。

来月の七夕の前夜祭に 花火大会が開催されるか。
例年は盛大である。打ち上げ場所が 仙台城の内堀的 廣瀬川。
城は背景に 城下町から見物するスタイル。
本丸から 見学したと聞かないのは 解放しないのかな。

公衆電話

赤も緑 ドンドン 無くなっているは 知っていたが。
ある人の住所を調べるのに、電話帳が最高と気づき開こうとしたら 全部処分とした後。
公衆電話に行けば 電話帳があるはず。

邑の筋向かい一巡して シオカラトンボ邑には 1台も公衆電話が無かった。
やむ得ず 隣邑の銀行の前に行った。電話帳は 商売広告のみ。個人氏名の電話帳は無かった。
当然 個人情報の管理が厳しく 又 掲載していると 色々売り込みがある故 廃止の方向と聞いていた。
結果的に 電話帳で住所を調べるのを 断念した。

これほど 公衆電話が 皆無になっても よろしいものか。

一山百文

白河から北の日本を指す言葉。
日本開国から 幾たびの侵略の都度 云われた「白河以北一山百文」の言葉。
廃語になったと思っていた。が生きていた。

侮蔑扱い。
自動車専用道の無料扱い 「白河以北」とのタイトルで発表された。
「東北の」のタイトルなら 有り難い と素直に 感謝したろう。
しかし 「白河以北」とのタイトルの根底には 1000年前 都の貴族の発言と 同一の発想が流れている。
 震災以後の中央政権の考え方 施策が 1000年前から進歩していない。

侮蔑であろうが 活用させて貰った。

泉ICで出口渋滞を覚悟したが 一般4ゲート 全て稼働させ 対応しており 利用者も証明書と免許証をフアイルにセットし 提示しているので
長時間の待機にならなかった。見ていると 殆どの車が ファイルを提示している。

これを 如何に分析するか。実利優先。

皆様のNHK

NHKは国営放送局です。
お上は 民に 嘘を付かないことになっています。

先の復興大臣の暴言・恫喝を地方局が放映した際 煙草の火 でしたが NHKが放送をしてから 天下の一大事 大火となり 結果的に 140余年前の白河以北一山百文の蔑視意識が未だ 九州の人の一部に流れているのが 明白になり 且つ 辞任に至りました。
煙草の火から大火になったのは NHKが放送したからです。国営放送局としての信頼です。

そのNHKから 「大切なお知らせです。内容を確認してください」と表書来された封書が届きました。
いつも PCで 松山局を始め 当地で映らなくて関心のある地方のニュースを見ています。これが バレテ 請求書が来たのか と思い オソルソル開封しました。

驚き 岩手・宮城・福島の視聴者に受信料を無料にする 払い戻す の内容です。
家屋が全壊・半壊・全焼・半焼・流失・床上浸水し 罹災照明所の写しを添付申請すれば が条件でした。
これらの被害を受けた方々は テレビ受像器を喪失しいるでしょうから 受信料免除は当然です。

シオカラトンボに 知らせが届いた事は 3県の全契約者に発信したのでしょう。
受信料は 税金の一種と理解していたシオカラトンボには 驚きの封書でした。シオカラトンボは 家屋の被災照明書がありません。
有り難い ご案内でしたが 恩恵にあずかれません。

でも 皆様のNHKの信頼度が上昇しました。

祈り

6月18日 日蓮宗身延山派 東北本山 孝勝寺(伊達忠宗公正室徳川氏振姫菩提寺・墓所所在)に於いて 今回の大震災殉難者百ケ日法要が東北各地から一門の僧侶が集まり施されました。

この時の祈りの言葉は 今 各寺で 毎朝唱えられているそうです。
次の通りです。

恭しく仏、法、僧の三宝の御前に合掌し、祈りをささげます。

謹んでお題目の功徳をもって、東日本大震災により尊いいのちをなくされた方々のご冥福を、心からお祈りいたします。 
南無妙法蓮華経

さらに願わくは、本仏釈尊の慈悲の光があまねく世を照らし、困難な日々を強いられている被災者の方々には、一日も早く心身ともに安らかな時を迎え、被災地の復興が速やかに達成されますよう、お祈りいたします。 
南無妙法蓮華経

私たち日蓮宗宗徒は命を尊び、立正安国の教えのもと、異体同心をもって「安穏な社会づくり」に邁進することをお誓いいたします。
「我、深く汝等を敬う。敢えて軽慢せず。」
南無妙法蓮華経

上記法要は 新聞等に告知されませんでした。1周忌法要の際には 案内してくれるそうです。

新聞等で告知あったのは 下記です。
真言宗智山派は、7月10.11,12日名取・石巻・気仙沼で 大震災殉難者法要を催します。

扇風機

お上は 下々に 節電を求めている。エアコンは 悪の象徴のようである。

高齢者には素直な人も居るらしい。ある体操の先生が語っていました。高齢者でも体操をすると発熱・発汗をして 持続性が低下する。
気持ちよく ある程度の時間 体操を出来るように 室温を調整して 生徒の来場を待っていたら あるご婦人が「皆様 お国では節電らよと云っているでしょう」と エアコンのスイッチを切り 窓を開放し 照明も消したそうです。暑い外気が侵入し 暗黒になりったそうです。体操を続ける環境でなくなったと 先生は カッカ 怒り ある会合で報告していました。

節電と断電と 一緒にされては たまりません。

先の震災では 断水で 参りました。津波で亡くなられた方多数です。 正に水地獄の世です。節電を断電と誤解し 走り回る人は 灼熱地獄をもたらす閻魔様のテサキでしょうか。

この相次ぐ 地獄のテサキから 高齢者を守る社会 明日の日本を背負うと期待する学童が 原爆汚染から疎開してくるの連絡がありました。
明日の日本のため 幾らでも 灼熱地獄から 解放させたいと 家電量販店を訪れたら 何れの店も 扇風機の売り場が無いか 予約3週間待ち とありました。

昨年はエアコンの売れ切れ 今年は 扇風機の売れ切れ。
団扇を早速 用意しましたが。使ってくれるか。仰いであげないといけないかな。汗を流しながら 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。