スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マケルナ

櫻の開花予想 3月21(月・祝日)し 気象協会は宮崎・高知で、ウェザーニュースは福岡で、と予想を発表しました。

宇和島の櫻観測隊は、3月1日から桜開花観測を開始し、6日には出動式があり、10日から桜観測隊が本格的に観測を開始する。
休眠打破 昨年より遅いものの20日前後には開花するかも。と便りがありました。
1日 早いです。 負けないで 日本一のタイトル 是非 確保して欲しいです。

今日の最高気温が18.4度、明日も17度とか。
日差しに春を感じていますが、仙台より10度高いです。4月の気温です。この調子で タイトル確保を。
マケルナ
スポンサーサイト

鮮度

柑橘類にも 鮮度があると思うが。

宇和島の櫻観測から帰仙する際し、市中心部の果物市場で お土産に 柑橘類を10箱程 購入した。
到着は ○日後になるように発送を依頼したら、「なんで」と反問された。「鮮度を勝負に販売している。鮮度の低下が心配だ」が真意であった。
受け取った後 クレームを付けないと云い 発送して貰った。お土産として 配りまくった。珍しい果物 美味しかった と好評であった。

柑橘類に 種類があります。観測隊のAさん 覚えきれないでしょう と マジックインクで 各個に 種類名を記載して プレゼントしてくれた。
食べ比べ 味比べをして 種類を知りました。 なかなか 味のある教育方法をとった アジのある方でした。
覚えましたが 仙台では 伊予柑は購入できますが それ以外は 購入出来ません。

櫻観測に向かう道路には 柑橘類がゴロゴロ落ちていました。珍しくないのか 誰も拾いません。日本一の産地 故かも。

2月4日 愛媛県知事と県と農協の高級幹部 が県と市の長に 表敬訪問し、ホテルに 食品市場関係者を招いて 愛媛産柑橘類の販売促進パーティを開催したと報じられました。
翌日 シオカラトンボ 御用達の食品店の果物コーナーに 愛媛産 「せとか 3L 10個」箱 「甘平3L 10個」箱 「甘平2L 12個」箱が各3980.で
各2箱が 化粧箱の侭 素顔が見えない状態で 陳列されています。

「はるみ」や「宮内いよかん」が6個 598円で 山盛り状態で販売されています。売れています。しかし、箱入り娘は 座ったきり 既に10日経過しました。
店の販売方針があるでしょう。単なる伊豫の柑橘類のファンが とやかく言える問題ではありません。素顔見せるとか 値下げするとか 考えたらと。
柑橘類にも 鮮度があると思い、伊予柑の4倍以上の高価 故 美味しいうち 賞味されればと 店を訪れた都度 眺めています。

日本縦断3泊4日

青森・東京間 はやぶさ が走行、九州に 新幹線が開業し 青森・鹿児島間が新幹線で結ばれる日が 間もなく。
最北端 稚内から 最南端 西大山まで 3118km 新幹線は2178km を3泊4日 159800円のツァーの案内があった。
1日目 羽田に終結 最北端の地 稚内 に移動
2日目 函館まで移動
3日目 青森・東京・大阪・福岡と 新幹線乗り継ぎ
4日目 最南端 西大山まで 羽田に戻る

実質 3日で日本を縦断する訳。気力・体力 が続くか がポイント。

交通機関は本来 手段 であるが これは 目的 となっている。
櫻の開花状況 蕾 3部咲 ・・・ 満開  散りと 変化 楽しめる 旅。興味深々であるが。

ポンペイ 

仙台市博物館に「ポンペイ展 世界遺産 古代ローマ文明の奇跡」を音声ガイド使用し 見学してきました。
彫刻・壁画・浴室とボイラー・食器等 数々の発掘された 遺物をみました。
日本が弥生時代の時 奴隷制度の負担の上にかかる文化が存在した事、ポンペイ遺跡には観光で訪れていますが、現地では 見られない宝物ばかりで、驚きでした。

群馬県妻恋村の遺跡。1783年の浅間山大噴火。膨大な量の土砂が山麓の鎌原村を一気に呑み込み、泥流となって吾妻川から利根川流域の村々をつぎつぎに襲った。その実相を発掘調査から明らかにし、遺跡・遺物による災害の語り継ぎを訴える本を先般読みました。日本にも ポンペイ 程の規模ではないが 同様の事例 遺跡があるを 知りました。

新燃岳の噴火は続いています。火山灰を含んだ土石流による 埋没災害が 発生しない事を祈るのみです。

ポンペイは たった1日の火山灰の降下で埋没したと説明していました。そして 人口10000人で これだけの文化を持っていた。この 経済基盤は何に由ったのか。数々の疑問が沸き起こりました。

3月19日(土)「ボンペイの産業と交易」と題して、浅香正同志社大学名誉教授が講演があります。疑問がどれだけ解決するか 楽しみです。
ウィキペディアで調べましょう。待ちきれない。

宇和島市の「南楽園」160本の梅が3分咲きとNHK愛媛は報じています。
今季4回の降雪があっても 2月上旬には 咲くとは 植物は素晴らしい。

瑞鳳殿の臥龍梅は 未だ蕾が硬いです。小学1年生の感じ。
先般 宇和島市の高級幹部と この梅の木の前に立った際、「宇和島の櫻 順調です。例年の日取りで咲くでしょう」との事。 

梅が 咲いたら 次は 櫻です。櫻観測隊 本格的に観測準備に入ったでしょう。
観測隊の皆様から 賀状を頂いております。人情細やかな方々です。また 一緒に櫻を愛でたいものです。

梅たより に 匂いおこせ・・・・・ 菅原道真の気分となりました。

愛媛丸事件

宇和島水産高校練習船が ハワイ沖で撃沈させられてから10年目の命日。
誠に 早いものです。
石橋宇和島市長は4日歓談した際 語られていました。
市の担当者であるS幹部は、ハワイでの供養祭の準備・連絡に忙殺されている旨伝えていました。
供養際 犠牲者の霊の鎮魂 滞りなく行われたでしょう。

05.11.にハワイ4島巡りの観光した際、ガイド・添乗員から パールハバーを展望出来る地にあっても1941年12月8日の真珠湾攻撃は語られなかった。もっと直近の1991年2月10日のえひめ丸撃沈事件が何ら語られる事なく、真珠湾は負け戦 愛媛丸は加害者であるから 語られないのかと 一人納得したのであった。

今回 宇和島市民 日本人を代表して 市長が参列した 慰霊祭 現地の反応が どうであったのか。
日本でも マスコミに どれだけの関心を持って報ずるか。  

小学5年生

八幡小学校5年生 男女6人を 政宗公の都市計画 一大 給水施設であった 四ッ谷堰の市街地に現存する遺跡を2時間をして 案内した。
老いては子に従え の言葉があります。高齢者が理解出来るものであれば 10歳わ越えた世代では十分 理解できるであろう之発想です。高齢者の学習会で使用した資料を 配布し説明しました。

驚いた事は、皆 身長があることです。最大は150cmはあります。小さい大人と同じです。予習し 疑問・質問をまとめて来たことです。これは 高齢者の勉強会は 完全に負けです。頼もしい限りです。

学区内の史跡 社寺仏閣 ・・・・・の総合学習らしいです。
爺様の話と現地を視察したもので どのようにまとめ 発表するのでしょう。

孫と同学年 孫も その住む所で 斯様に地域の人々から 世話になっているでしょう。我が孫に語り 伝える つもりで懸命に 話ししました。
我が 思い伝わったでしょうか。
企画し 依頼して下さった 小学校の先生 ありがとうございました。

宇和島 物産展 「愛媛県・宇和島市フェア」

と名付けた 物産展が仙台駅前百貨店で開催されました。
中村時広愛媛県知事、石橋寛久宇和島市長の挨拶、宇和島伊達家御当主伊達宗信様の紹介が 開会式て゜ありました。
石橋市長に 1昨年春 櫻観測隊でお世話になった御礼を申し上げましたら、中村愛媛県知事、宇和島伊達家13代御当主伊達宗信様を御紹介頂き、名刺も頂きました。
観光課長ご推薦の「安岡蒲鉾」のジャコ天の他、チリメン、果汁瓶を求めました。宇和海特産の鯛。ハマチ等の魚類 見えなかったは残念でした。
6日まで開催しています。どうぞ お出かけください

雪 雑感

宇和島から 相続いて 雪便りがあった。今年 4度目の積雪で 城下でも10cm程に積ったそうです。雪による造形美、雪崩の模様、雪の天守閣、墨絵の如く真っ白な城下の模様。仙臺は、一季節に何回か ドガッと降ります。しかし、宇和島は 南の国のイメージで居ましたから、この様な雪便りが寄せられるとは 想像もしていませんでした。コメントの中に 「昔は」の表現がありました。そうか 秀宗公は 暖かい地に転勤して 恵まれたナ と思いました。時には 雪を楽しんだのでしょうか。

日本海側は、連日の豪雪 3~4メートルの積雪と伝えられています。併せて 雪下ろしに関わる事故 死亡が数伝えられています。お気の毒です。シオカラトンボ 若年で 出羽の国で 過ごした時代。雪下ろしはシオカラトンボの担当でした。屋根の上で作業中 滑った事が何回となくありました。滑った瞬間 途中で 止める 止まる事は不可能です。全身全霊を 安全落下に切り替えます。降ろした雪に如何に安全に着地(雪)するかです。この切換で 安全に落下しました。この理屈が 高齢化した現在 機能するかの 自信はありません。各地での 高齢者の事故 頭では知っていても 体が機能 稼働しなかったのでは。

仙臺の雪は 雪室が作れません。雪質の問題です。量も少ないです。孫に 爺様の技量を披露出来ないのが 残念です。
関東圏は なぜ 降雪がすくないのか。雪を楽しめないとは 気の毒。
以上 雪 雑感です。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。