スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃこ天

婆様 「これより城下の万屋に」と宣い さっさと出掛けた。
「カエッテキタゾー」 ウルトラマンの叫び。
「ジャコ天買ってきたぞー。蜜柑かオマケに付いた」と欣喜寂々。

仙台で1・2の百貨店の催事に出掛けたのでした。

「宇和島名産 ○○蒲鉾」の店名、所在は 三間町。

三間町は 吉田領で山間部なのに 宇和島名産になるのだ。水産加工所は海岸部に立地するの固定観念でいたので 併せて ビックリ。

仙台で、水族館が仙台港付近に移転する計画が発表になったとき、ある有識者は「なぜ 海岸部でなければならないのか、海水をホースで引っ張ってくる訳では無いだろう。であれば 山にある動物園の隣に立地出来ないのか。さすれば 陸上も海中に 生息する動物が一体的に 観察出来では無いか」と 宣われた。その発想の転換に、驚き 活敬意を表した。

今 宇和島のジャコ天 も同様の発想で 山中で作られる様になった。先進的です。
スポンサーサイト

路上生活者

大部 春の日差しが感じられますが、朝には寒気を感じます。
仙台には、路上生活者が100人以上居住していると聞いています。
水道の使える施設周辺に寝具等があり、人出の多い場所で週刊誌等を立ち売りしています。
冬は 温かい南国の地になぜ 移動しないのか 不思議です。

昨春、宇和島に滞在した際 「路上生活者を見かけませんが、居ないのですか」と尋ねたら
「ハイ 一人も居ません。その昔 弘法大師が四国巡礼の際、宇和島の人々が 冷たく応接した為、
札所が作ってくれなかった。それを反省した宇和島の人は、お寺はなくとも お遍路さんを温かく 迎える様になった。その気持ちで 喰い詰めて予讃線終着駅 宇和島に降り立った人々を、温かく 迎えているので路上で生活する事が無いから居ないのです」と、私を世話した宇和島市役所の主事の解説でした。

県が支援する生涯学習団体の勉強会で「東西伊達家の明暗」と題して、幕末の両家の動向と結果(明暗)を宇和島で昨春蒐集した資料を整理し、私の思いで90分語りました。

帰路、地下道を横断したら、中央ベンチに 路上生活者の荷持ちが山となっていました。
140年前の明暗は別として、現在100萬都市としての発展する町に路上生活者が居る。かたや 10万都市には一人も居ない。町の規模ではなく 人情の問題 人として暮らしやすい町は どちらか
又 負けたかな とフッと思いました。

伊豫柑

伊豫柑の伊豫は、「伊豫國」の伊豫とは昨春 宇和島を訪れるまで知らなかった。
温州蜜柑の次ぎに店頭に並ぶのが伊予柑。果汁が豊で甘く 美味い と好んで食べていた。
宇和島を訪れたら 柑橘類の種類の多いのに驚いた。区別がつかないでしょうとマジックインクで種類名を記載してとプレゼントをしてくれた方がいました。感激でした。
路端にゴロゴロ落ちて居ました。珍しくないのか、毎日転がっています。拾われた様子がありませんでした。幼児の頭ほどの大きさの柑橘(種類名忘れました)をお土産に配りましたら大変喜ばれました。
いよいよ 伊豫予柑の季節かな と思っていたら、TVニユースで愛媛県知事が伊豫柑娘2人を連れて、仙台市長を表敬訪問したと伝えました。なぜ 宮城県知事でなく仙台市長なのか。それは市長は女性で秋田美人だから、それとも、女性を攻略しないと売れないからかなと勘ぐりました。

この週、仙台市内百貨店で愛媛県物産展の計画があると、宇和島市高官から漏れ聞いていましたが、今回の知事の訪仙に変わったのでしょうか。同百貨店の催事予定に月末「南国うまいもの展」があります。ここに「伊豫柑」「ジャコ天」を宇和島市高官が持参されるのか、密かに 楽しみにしているところです。

節分

節分寒波です。
誰も訪ねて来ません。節分ですから鬼が来るのかと期待しましたが、老人宅には来ないようです。
新聞の占いに「尋ね人来たらず」と証明していました。

新聞広告に町の和菓子の老舗が「鬼大福」本日限定販売とありました。色々な彩りの豆を用いた 可愛い鬼の大福が2個、雪の様に真っ白い大福が2個 計4個 特別包装 金○○○円。
量販店の大福の5倍の価格です。

この「鬼大福」で節分を祝うと、通常の5倍の確率で、鬼と福が来るだろう思い、久々の雪道を買いに行きました。同じ思いのジサマが居たのでしょうか、売り切れでした。残念です。

オジイサンは「でん六豆」を口中に放り込み、「鬼も福も みんな お出で」とツブヤキました。

確定申告

本日から受け付けが始まりました。早く申告すれば 還付金は早く還付されると、お上では申しています。
年金しか収入が無く、配偶者特別控除等の廃止で、収入が減っても納税額は増えます。
還付金は 全く望めません。パソコンで 1時間も要しないで 申告書が出来ました。

わざわざ持参しました。暇な老人か 実直な老人か 続々と訪れて居ます。駐車待ちの時間が、受付時間より 遙かに要しました。
パソコン出力ですから 綺麗で抜けている個所ありません。証拠書類の添付洩れの確認だけです。30秒で 受付印ポン。ファイルに鋏み 後方篭にポン。10数篭満杯です。受付開始2時間でこの状態。

この税務署の処理件数は何十万件でしょう。それを2ケ月で処理する、大変な仕事です。相当の経費でしょう。事業仕分けで 70歳以上の高齢者は無税とし 確定申告は無用に出来ないものか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。