スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好好爺では生き残れない

好好爺と言われ、男は高齢になると理屈ポッサが消え、性格が丸くなるのが普通とでですが、中にはクレイマーになる人もいます。文句を言ってそれが通れば儲けものと思っているのでしょう。何事にも文句を言わなければ気が済まない人もいます。
この論旨を掲げ 口論している記事のメルマガが配信されました。メルマガで口論する時代になりました。方法が変わったのは 時の流れです。
面談・電話であれば この様な事態に至らなかったと思います。メールは書いたものを読みます。
お互いの知識・経験からして 表現力・読解力に格差があります。此が原因です。
高齢者の会合で、面談ながら 発言と理解にズレを生じていることが散見されます。

本論として、好好爺と言われたいとは思わない。クレイマーにもなりたくない。自己は確かに主張したい。好好爺では 不法・無理の波に浚われる。
スポンサーサイト

安心

車6ケ月点検を受けた。補修個所は無く、1時間で終わった。
一瞬 どこにも異常なければ 工場で点検を明ける必要が有ったか 財布を開いた時 頭脳をかすった。10年以上乗って 排ガス規制から税金は割り増し税率で、盛時には年間30,000km走行の車ある。最近は10,000kmで、郊外・高速は滅多に走らない故の発想である。
点検を受けたから 異常なしを確認できた。
健康診断と同じ 安心 である。

パンの給食ストップか

 小学校6年生が、給食の際 パンを口を押し込み 窒息死した。親は 担任教師の責任を追及しようとしている。間違っていないか。
 12・3歳になる人間が、噛めない量を入れれば危険であることは、此までの生存経験から習得しているであろう。自己責任である。
 行儀が悪い、マナーに反する これらの言葉の意味は 安全で楽しく食べる事に反している場合 指摘される行為である。此まで 育ててきた親は 食事の際 何をしていたのか。安全な食に対する指導を放棄ていたのでないか。自分の過失を担任教師に転化するな。
 親は子供の食事のマナー 行儀をシッカリ指導すべき。それが親の責任と喜びである。

蒟蒻ゼリーを発売禁止にしようとする政府は パンも同様に発売禁止にするのか。

朝刊を拡げた際必ず 何とはなしに目を走らせる欄に、黒枠の死亡広告欄があります。
先日、上司であった先輩に似た氏名を見つけて アレと思い凝視しましたら先輩の兄でした。
シニアネット仙台のパソコン教室で、人生の先輩のパソコンの習得のお手伝いしました時分の出合いでした。
要点を直ぐメモします。30分位して復習をしていると その操作を忘れています。
習った、メモした迄は記憶していますので、そのメモを取り出そうとしますが、見当たらないのです。
もう一度 メモします。教習が終わり 帰り仕度をしていると アッタとの叫びとともにメモを振ります。
こんな繰り返しで パソコンを習得され メールをしましょうとなっても 相手が居ない、発信先がないと洩らされ 交信第一号になった生徒さんが何人かおりました。発信が慣れると子供や知人と対象が広がり自立します。メールでの賀状交換もやがて途絶えました。
こんなお付き合いの先輩のお一人のお名前を見つけたのです。
亡くなられるまで、息子・娘・嫁・孫に、かっての同僚・友人とメールを交換し、パソコン生活を楽しまれたかな。極楽からメールを発信されるのかな。色々と思い起こされました。
弟の先輩も 認知症になられ、電話もメールも駄目になりました。確かめようありません。
木々の色づきを窓越しに 新聞広告を眺め 自然と人生の秋を感じます。

一時停止

シオカラトンボ邑では、最近交通事故が連日発生しています。事故は出会い頭の衝突で、車が破損する程度で死者は出ていないのが幸いです。
昨晩、町内の防犯部巡回があり、当然として話題になった。6m道路、12m道路から15m道路に出る際、一時停止を怠るに起因との結論に至りました。
今朝も、お巡りさんを仲人に熱烈討論しているオバサンを見かけました。横目に見たオジサン(シオカラトンボではない)が「原因はお家の大将と他人任せの性」と呟いていました。
シオカラトンボは 角で必ず「一時停止」することにしました。オレオレと電話きたら 金遅れの話しを聞かないで、「一時停止」するを教えてあげようと思いました。

シオカラトンボが怖いと 一時停止した事があります。邑に向かって登坂中 突然反対車線から立派な車が飛びして来ました。そしてピカッとライト点灯し、この爺という顔をして降りていきました。
登れ下りでは 登りが優先。反対車線には対向車が居ない時のみはみ出せる。と自動車学校で習いました。シオカラトンボは日本国の掟を破っていないのに 怒られました。
対向車は日本国籍を所持しない人が 運転していのかな。
これを、町内の防犯部員に話したら、「シオカラトンボさん 文句云わなくて正解 云ったら ブスと刺され 今頃 冷たい世界で悔やんでいたでしょう」と。

最後 緊急一時停止した事です。やはり登坂中 オバアサンが片手を上げ、車道に飛び出し 斜め横断をされた時です。左右確認しなくても 片手上げれば 全ての車が止まる の確信の源の行動と見とれました。シオカラトンボは怖いと思いました。年老いても この先輩のマネは決して出来ないと肝に銘じました。
以上。 

蒟蒻ゼリーと餅

蒟蒻ゼリーは危険だから製造・販売を禁止する動きがあります。
一方で、窒息死した際の事故で原因は「もち」「米」「パン」などの方が絶対数としてははるかに多く、「こんにゃくゼリーだけを規制するのはおかしい」との声も噴出し、議論は混迷を深めつつあるそうです。当然の意見です。
幼児と高齢者に事故が多いは頷けます。高齢者の場合は、飲み下す機能低下が原因である。シオカラトンボの上司が家族一同 父親の法事をし、直会の席上、高齢の母親が住職の目の前で里芋を詰まらせ そのまま 往生しました。
菩提寺の本尊の前で 住職に見守れ 往生したは 「連れ合いが迎えに来たのだ。キット極楽に行った」と邑で話題になりました。
誰も 里芋が原因だから、栽培・食用禁止とは思わないし 云う人もいませんでした。
蒟蒻ゼリーを食べた事が無いのですが、幼児には与えない。高齢者は自己責任と割り切るべきです。

学力低下

最近の学者の学力は低下している。伴い 大学生の学力も低下し マンガも読めなくなった。一国の宰相の教養が一週間にまんが雑誌を二十冊読むことを「バカだ」と言えない理由もなんとなくわかる。
以上は配信された論文の一部である。
ノーベル賞に日本人4人(内日本国民2人か3人)が受賞したとの情報が流れた。その功績の端緒は30年も前の発見にあり、米国民になり、広報した故の見方がある。(一部正解であろう)
現在の研究成果が国際的に認められないのは、上記配信記事が正しいと語っているのか。

全国学力試験結果の公表を拒んでいる向きがある。理由は馬鹿であることが公表されるから。競争心がそそのかされるから。がある。では 優秀者・勉強した努力した者は 評価されず 沈殿したままか。成長の芽を留めるのか。

現在 小学生を持つ親は 子供の教育に真剣に努力して欲しい。社会の敗者にしないためにも。

テレビ

テレビを更新した。
之までのテレビは,93年製 当時としては最新でBS.CSが見られ、画面も最大でした。
毛外の地に居住し、NHKと民放1局のみに、BSも大型画面で 見られ、情報格差社会からヤヤ人並になったと感じたものでした。
以来15年 見る人並みにテレビも老化したらしく ある日 突然 画面が収縮しヨロヨロになりました。
時代は アナログからデジタル化です。デジタル化したテレビを楽しむ年限を長くしようと決断、更新しました。
畳一枚ほどの大型画面のテレビの購入も考えました。家の建てかえが必要です。諦め 今までより
若干大きい37型で妥協しました。満足しています。
チャンネルは増えましたが 番組内容は 旧態依然 期待外れ。ホームページ見られる筈がLAN設定されていないから駄目。光にしないと駄目か。
テレビ屋さん オタクにチョロマツ 来ますか と質問しました。チョロマツ被害対策で推薦機種が異なるのだそうです。チョロマツは年々成長します。いつまでもチョロマツでは無いでしょう。
デモ、オソマツになられたら困る。

座席

自分では 加齢したが年寄りの風貌はしていないツモリで居ました。
ツモリは本人のみ。
バスで席を譲られる様になりました。御礼を申して有難く譲られます。
内心 そんなに年寄りに見えるのかな と感じます。
ツアーに参加して、アー年寄りが居るなと眺めていて 最高齢者と推測した方と会話する。自分より5~6歳は年長者である思いで会話していると 正解ではあるが 相手が我を年長者と認識している。ウウ。
となると 自己評価より年寄りに見えるのかな。

先般、町中ガイドの様子をTV撮影・放映された。己のガイドの様子をツブサに見てみて納得した。
そして 直後 亡くなった長兄の元気な時代のビデオをみたら、風貌に会話の様子がそっくりと感じた。兄の撮影された年代に私は未だ 至っていないのに そっくりなのは 兄が若々しかったのか 我が年寄りになったのか。

バスで座席が譲られる年代・風貌に至ったを実感しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。