スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボ

市民健康検診です。看護婦さん(看護士ではありません。知識と経験と愛嬌と美貌を兼ね備えた看護専門職の人です)曰く、「腹測ります。膨らまさないで、しぼめないで」。くすぐったい。
「ハイ86cm。1cmオバー メタボです」 そばで 見ていた人 ニヤニヤしながら「アンタ 馬鹿ねい。看護婦さん 腹を引っ込めなさいと云っているのに、ふくらまして」
たしかに 緊張してガスが溜まって、ふくらんでいた。一発発射すれば 80cmであったかも。
医者曰く「1cmオバーでも オバーは健康増進センター送りです。規則は仙台市の規則です」 とニコニコしています。「身長・体重の割に 腹が膨らんでいましたネ」と補足発言。
原因はガスとウンコです。前期高齢者は 国の基準を偶々1cmオバーしても 壽命に関係無いと思います。医師も同感である故 ニコニコしていたのでしょう。

婆様 敬老の日だからと 孫に 甘い菓子を送ったら、 その親から 「私メタボなの」とTEL
横幅ある人は 皆 メタホと云われるのだ。 周囲で測る出なく 縦横の比率で計算しないのが不満です。そうでしょう。

このメタボ検診は 日本人の体格を割り箸の様に 細い貧弱にしようとする 陰謀ではないか と思われてしようがない。 メタボの親 心配するな。まず 孫にドンドン食べさせて 立派な体格に育てるのが先決です。彼等はメタボの心配は無い。
スポンサーサイト

敬老の日

明日15日は国民の祝日「敬老の日」です。珍しく日替わり移動なく当日が祝日なりました。
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日として1966年に制定されました。1951年に「としよりの日」そのものずばりでした。1963年「老人の日」に、1965年現在の名称になった。

名称の如何を問わず 年に一回だけ 思い出され祝われる事は 嬉しいことです。素直に祝福を受けましょう。別に 温泉や料亭に招待されなくとも おめでとう 来年も電話するヨ で結構な事とおもいます。

 巷の噂に因ると、敬老会に不参加であったと 町内会の役員が「お祝い金と饅頭」を持参したら「町内会はお金が無いでしょう。70歳の年寄りはゴロゴロ居て珍しくない時勢に、祝い金と饅頭は無駄だ」と10余分 演説をしてスンナリ受け取った老人が居たそうてす。 
 「素直で無い」と 低い声で呟きなから町内会の役員が、隣の隣に届けに行ったそうです。

あかとんぼ 曰く 素直に祝って頂ければヨイ 町内会の財政が心配なら 祝い金の10倍位 あらためて寄付すればよい。オツカイの人に演説しても迷惑で無駄です。演説する位なら 役員に立候補してください。 

年賀状

「仕事は速い事に越した事はない」と申しても。
郵便局を訪れたら、ちり紙を一袋差し出して、「年賀葉書の予約をどうぞ」 に唖然。
当たらない 暑中見舞いの葉書の抽選があったばかり。年始まで未だ4ケ月あるのに。
海外旅行の予約なら 4ケ月前あるかも、国内旅行なら4~2週間前に予約する。
その日に旅でられるか日程の調整と 座席の売れ具合の セメアイである。
年明けになっても売っている商品を 何故4ケ月も前から 予約する必要があるかな。
あまり早く予約すると 予約した事を忘れるカモ。
仕事は計画的に前倒しで 処理することは最良ではあるが。早過ぎませんか。

津軽では ねぶた が終った 翌日 ストーブの内覧会があって 驚いたが。
民営化された郵便会社にも 驚いた。

人生の視点

先般 5姉妹のゴバサンカイ総会後の観光の運転手に起用され、出羽の国から陸奥の国に奥羽山脈を越える旅にお供した。車中は散会後の開放された気分で 賑やかに放談をしていた。
「楽しかったネ でも 来年は もう やらないネ」の一言がありました。なぜかな。
「会うは別れの始め 別れは悲しい」と会った時から 総会・懇親会・朝食の時もグズグス泣いていて 別れの際にも泣いていた人がいた。 確かに 会うは別れの始めです。デモ この人 極端なマスナス思考です。
 高貴な人から下賤な人まで平等に 確率100%あるもの 死です。別れです。別れを避けて通れません。ですから無視しています。
 普通は 再会を期待し 元気な再会に歓喜し 元気な再会を期して解散する。この普通の思考からは考えられない思考・場面に遭遇しての発言らしい。それで 誘わないか、開会しないか になったらしい。
 でも、想い出の写真を拡げた時には「又会いたい 集まろう」となると思います。でも、悲観論者を案内するかは 再考するでしょうな。
人生は 前向き 明るく 生きましょう。不幸な出来事は時間が償却してくれます


責任と辞任

国技と云われる相撲の業界でのトラブル。監督・経営責任を追及されて 協会理事長が理事長職を辞任した。この解決策は最良とは言い難い。単なる首のすげ替えである。全面的に刷新は困難である。理事長と理事全員が 理事を辞任すべきである。
しおからとんぼ 現役時代 同様な処理に遭遇している。全面的刷新が出来ず、状況は悪化した。最悪の場面を経験した故 切々と感ずる。
新理事長の指導力 成果に期待します。

国技と称して、主力が外国人で 興業ビザで入国している彼等に 勝手に牛耳られている。この面の責任は誰が取るのか。文部大臣か 労働大臣か 法務大臣か 国家公安担当大臣か。

誤解?

しおからとんぼ と同じ世代 希望の星であった 日本國筆頭老中が 敵前逃亡した。
猛烈にガッカリした。
その際の記者会見で 「中國新聞」の質問が、筆頭老中のカンに触って、怒りが爆発したと報じていた。
なぜ  「中國新聞」の記者が居て、質問したのか。靖国神社参拝等 内政干渉する國のマスコミをも、その在席を認めているのか。甚だ 寛容だな。いつもの通り 礼儀知らずだなと 一人憤慨したが 続報が無い。産経新聞を読まないと 真実は解明されないのかと アキラメタ。
どうも 我の誤解であったようだ。かの國の新聞は「人民日報」が代表紙。中国新聞とは 聞かない。
日本の地方紙であったらしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。