スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅学非才

浅学非才 本来は謙譲語です。
最近 心から感じます。236年前書かれた「残月臺本萩」なる仙臺の社寺仏閣名所旧跡を紹介した本を読んでいます。たかが236年前に日本人が書いた書物 もっとスラスラ読み理解できないのか思います。情けなくなると共に 知識・教養の無さを感じています。

同病・仲間いるらしく 「つもりちがい十ケ条」なるものが あるぞと示されました。
高いつもりで低いのが教養
低いつもりで高いのが気位
深いつもりで浅いのが知識
浅いつもりで深いのが欲望
厚いつもりで薄いのが人情
強いつもりで弱いのが根性
弱いつもりで強いのが自我
多いつもりで少いのが分別
少いつもりで多いのが無駄

酒田・本間美術館のお土産だそうです。本間様はこの十ケ条を守り 財をなしのでしょうか。
スポンサーサイト

夏終わる

孫の夏休みは今日まで。
爺様の夏も今日まで。扇風機・日よけ簾を物置に。胡瓜と捧豆の収穫も終わり撤去した。苗代以上の収穫はあった。孫に収穫を手伝いさせれば感動するかと 期待したが外れた。そんなものなのかも。
昨年の今日 70日白菜を播いた。70日前に寒気が来襲し収穫に失敗した。今年はヤメタ。
一連の作業を傍観していた人 「今年はオシゴトはやいですネー」

また 暑くなるだろうナ。
気温30度を超えれば350mml 33度を超えれば500mmlの缶麦酒が飲める規則 (自分で決めた規則) 今年は冷夏で 冷蔵庫に在庫ゴロゴロ。 邪魔です と宣言される前に 片づけないと と思いつつ 規則を守っています。

女子大の名刺

女子大生から いきなり 名刺を渡され 驚き 「名刺の持たない世代ですので」と小声。
黒川郡所在の宮城大学で、港湾学会が開催され、街道文化の研究で世話になっている教授が、学会の責任者。「枯れ木も山の賑わい」と ささやかな恩返しの意味で出席しました。
事前連絡の不備で、受付がトラブッタ際の出来事です。学会の裏方も授業の一環。社会人になれば 即戦力でしょう。責任の証明?でしょうか。名刺を出したのは。
名刺には、携帯電話番号とEmaliアドレスが記載されています。名刺のとして必要条件ですが、さて、先日 個人情報秘蔵された身から、女子大生が連絡先を公開して 危険は無いのか心配になった。マア 相手は 人畜無害 と判断して渡したのでしょう。

各地のボラガイドと名刺交換の機会があります。女性の名刺 連絡先はグループ先になって、個人の携帯番号は記載されていません。当然の事でしょう。
この現実から 本日の出来事は カルイカルチャーショクでした。

改革の時代(和服)

優れた記事に毎朝楽しみに開くブログのトップに 胸元バッチリの和服姿の写真があります。
和服姿の基本と理解しています。
過日 仙臺城下で 老舗温泉旅館の若女将然とした女性とすれ違いました。(綺麗で素敵の褒め言葉です) でも なんかピンと来ません。首をかしげました。見直しました。
足首から上は完全和装です。履き物が 洋装 ハイヒールでした。
幼児の浴衣姿は ズック靴が主流になって居ます。安全上からも納得 違和感はありません。
ハイヒールの和装は、欧米系の人であれば 異文化の融合と眺めたでしょうか。正しい日本文化を教授しないはケシカランと独り言を洩らしたでしょう。
政治改革は進めても、和装改革はストップされてはと思います。

個人情報は厳守

個人情報の厳守は当然の事です。
個人情報保護法の理解・運用に疑問を感じました。
仙台市が主催する生涯学習講座 建物が解体され休講を告げられました。講座は満20年になり、再講が期待薄の所から、懐古の記念文集を計画しました。世話になった館長・担当者等に原稿依頼すべく、住所を尋ねたら 上部機関に確認し 「折角ですが」と 断られました。依頼する他の方法 浮かばす計画を断念するに追い込まれました。なんか釈然としません。

卒業生に襲われた学校の先生がいます。生涯学習の高齢者に襲われれば 大変と 市の幹部は判断したのでしょうか。寂しい世の中となりました。

出産

 福島県の病院での出産事故について無罪の判決がありました。出産事故で医師が逮捕・裁判にいたった事で、産婦人科医を目指す人が少なくなり、地方都市では産科が閉鎖され、出産難民なる言葉が出来、少子化が加速されると、日本國の将来に拘わる問題を提起したとされるものでした。

 私は産婆さんの手を患わして生まれた。それが普通でした。今は産婆さんとはあまり聞かない。全て産科医である。故に、出産事故は皆無に等しくなり、出産は危険 リスクがあるの意識は 少なくなっていました。
 伊達家の系図を復唱していると、例えば、伊達宗敦正室近衛氏子は1871年2月二男を出産し、翌月27日に亡くなっています。詳しい死因は調べていないが、産後不調と理解しています。斯様に、最大の医療を求められる正室でさえ亡くなる。出産は身分を問わない、平等に高いリスクを伴うものでした。

 今回の裁判は、出産はリスクのあるものと 今一度 思い起こさせ リスクの減少を如何に図るか 考え直す機会と理解しました。出産・子育てが安心して出来る社会にしたいものです

美術品の値段

有って無いようなもの。美術品の値段です。
ある画廊に立ち寄りましたら、谷文晁・丸山応挙の掛け軸が展示していました。「いくらですか」「美術館等への提示価格は300万円です。最高時は1,500万円以上しました。現在は美術館等からの発注はピタリと止まり、全く動きがありません。販売価格は100万円です。
谷文兆・丸山応挙等の作品は5,000本から6,000本あります。各大名からの注文にセッセと応えています。活動期間が長いから当然でしょう。
政宗公の書簡 仙台市史に1,000本収録したと威張っているが900本は斎藤報恩会所蔵で、博物館が集めたのは100本だ。政宗公の書簡はそれで全部ではない。日に5本書いて 月に150本 年間1,800本 生涯108,000本になる。お客様 欲しいなら 幾らでも 手に入りますヨ」
掛け軸 相談に応ずるの態度を示しました。と云うことは 100万円以下でも売ると言う事と理解しました。
美術品等は所持している人の自己満足で価格・価値が決まるものと理解しました
谷文晁に興味をもったのは、読書中の「銀漢の賦」 葉室麟 著に、松平定信に可愛がられた画人として登場した故です。

終戦記念日

大東亜戦争終結の日です。
瑞鳳殿に参拝に見えた方々は、何故焼失し再建したか 詳しく尋ねる方が居ります。
「1945年07月10日アメリカ空軍による空襲で軍事施設でないのに爆撃され焼失した」と回答します
高齢者の方々は、「私は○○で○月○○日爆撃にあった」と口々に語ります。
あかとんぼ は 1945年08月14日晩から15日未明に掛けて、爆撃機132機12047発の爆弾投下の空襲を体験しています。大東亜戦争最後の本土空襲でしょう。
参拝者とこんな話しをするのも あと何年でしょう。歴史の彼方に埋もれるでしょう。

お盆の入り

 お盆の入りです。北山霊園周辺は道路(拡幅・隧道)工事中です。この複雑な個所に墓参の車が押しかけ、大渋滞です。早朝に墓参をすれば、渋滞に遭遇せず、清涼な空気の中でお詣りでき、功徳があると思います。
諸精霊が祭祀継承者の仏壇に帰ると云われていますが、祭祀継承者が佛教以外に転宗した場合、佛様は どうなさるのでしょうか。無縁佛は、どうなさるのでしょうか。

今週の予定

今週は、間もなくお盆です。霊は祭祀の基に帰ると云われています。政宗公は 18代様に帰り 瑞鳳殿に霊は不在になるでしょう。故に ガイドを休みます。

ボラガイドは

ボラガイドは 歴史を語るには 年輪を考え 語るべきであります。 
「お客様は 聞くボランティアではありません。ボラガイドの知識披露の場でもありません。反応を確かめつつ 喜ばれるガイド」が基本と思います。
 

新規開店

今日から こちらに 新規開店しました。
旧来の記事は こちらを 是非 ご覧下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。